スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ドームのDVDを鑑賞していると

たまには休日をゆっくり過ごそうと、Perfume東京ドームライブのDVDを鑑賞していました。

妻はソファでパソコンをやっていましたが、ちらりとTVの画面に一瞥をくれると、
妻「いつもいつも若い女の子が踊ってるのばっかり見て。キモオタ。」

言ってくれるじゃねえか。こちとら今年に入ってから夜遅くまで、いや家に帰ってからも、そして何度も休日返上で頑張って働いてるんじゃねえか。たまの休みだってゴルフに行ったりしないで、DVD鑑賞なんていうあまりお金のかからない、そして時間の都合のつけやすい趣味で楽しんでるんだ。それに何の文句があるんだよ。

というところから、幾らか抜粋して反論を試みるのです。
n「あのね、ゴルフ行ったりするより、家族に迷惑もかからないし、お金もかからないでしょ。」

ちょうど「Perfume」(曲名の方)を鑑賞中でした。サインボールが観客席に投げ込まれています。

妻「サインボールもらえたの?」

n「あれは150個しかないからもらえる訳ないじゃん。そもそも俺はほぼ最後尾の席だったんだし。」

妻「じゃああの前の方(アリーナを示すものと思われる)は、ファンクラブの人なの?」

n「いや、席は抽選で、ファンクラブでも後ろの方になることもあり得る。」

妻「ファンクラブ入ってるの」

n「まあね。」

以前はP.T.A.からの郵送物は実家(車で5分)に送っていたのですが、郵便局との転送届絡みでいろいろ複雑になっていたため、先日、新会員証がP.T.A.事務局に返送されてしまいました。ドームチケットが手に届かない事態は絶対に避けなくてはならないので、もう何も考えず、郵送先を自宅に変更してあったため、先日のカードも、あの青い封筒で自宅に届いたのでした。ということで、あっさりカミングアウト。

妻「P.T.A.っていうやつ?」

なんだやっぱり知ってんじゃん。

n「そうそう。」

妻「そっちのP.T.A.活動ばっかりじゃなくて、本当のP.T.A.活動をしっかりやってよね!」

n「そっちのP.T.A.活動の方なんてたかが年に1回ぐらいのもんだろ。」

私はソファの前に敷いてあるラグにゴロリとしながら見ていたのですが、部屋から出ていく際に妻はわざわざ私の前に回って顔を見ていきました。

妻「ニヤついて見てるなー」(嘲笑)

自分でもニヤついているのがはっきり分かるタイミングだったのが悔やまれます。
んー、見られたくないものをバッチリ見られてしまった。夫婦間でも内緒にしておきたいものはあるのですが。

結成10周年、 メジャーデビュー5周年記念! Perfume LIVE @東京ドーム 「1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11」【通常盤】 [DVD]結成10周年、 メジャーデビュー5周年記念! Perfume LIVE @東京ドーム 「1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11」【通常盤】 [DVD]
(2011/02/09)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : Perfume
ジャンル : 音楽

tag : Perfume 東京ドーム

PerfumeのLIVE@東京ドームの写真集が届く

2月の上旬はいろいろとPerfume関係が立て込んでいます。
一方、私も年が明けてから仕事が立て込んでいて、休みをとったり、余暇をとる時間もままなりません。
あまり景気がよくない状況なので、有難いことではあります。

まずはキリン氷結の新CMとともに新曲「レーザービーム」がお披露目。CMでは15秒だけなので、早くフルで聞きたい気持ちが掻き立てられます。着うたで配信されているようですが、私とは無縁につき、いつもどおりパスしています。

そして、ファンクラブ限定のLIVE@東京ドームの写真集が届きました。これも先ほどようやくアスマートの配送用の箱から出しました。箱入りで、かつカラフルな装丁が、アート系の雰囲気を醸し出しています。美術館で売っていてもおかしくないデザインです。

これで3冊目となる写真集ですが、内容について感じたのは2点。
基本は黒いバックにビビッドな衣装がとても映えています。
そして、躍動感。今までももちろん大事な要素だったのですが、今回はこれまでで一番、そこが強く印象に残りました。私の頭の中でカブったのは、The Whoのピート・タウンゼントでした。

こんなのや

20060726184401.jpg


こんなの

pete-ta.jpg


今回の写真集は、これまでの中で最も良い出来だと思います。値段も一番張りますが、買って損はないですね。

そして、いよいよ同ライブのDVDが今週の9日(フラゲ8日)お目見えします。


着うたを聞けない私は
Got to hit me, hit me, hit me with those レーザービーーーームス!
でも聞いています。

テーマ : Perfume
ジャンル : 音楽

tag : Perfume 東京ドーム

東京ドーム公演についての話をようやく聞く

いつもながら出遅れ感たっぷりのお話で恐縮です。11月11日のラジオ番組Perfume LOCKSでは、Perfumeが自ら東京ドーム公演の内容を振り返る企画が行われた、と人様のブログで知った私です。いつも後から動画サイトで聞いているのですが、あてにしている2つのサイトには発見できませんでした。ようやくたどりついて先ほど聞き終えました。

TVやDVDでは公開されることがないであろうMC部分である、あ~ちゃんの鳩の鳴き声が改めて聞けたのが最大の収穫です。というのはもちろん冗談です(かなりうれしかったのは事実ですが)。

事前に同番組で1曲目をビンゴしたリスナーとその時のメンバーの動揺。サインボールがメンバー一人あたり50個の計150個で、サインやメッセージが入っていたこと、そして3つだけ3人全員の手書きになっているボールがあったという事実と、それを聞いていた幸運な3人のうちの一人からのメール。いろいろ話題としての収穫がありました。

もう他所でたくさん話題になっているのですが、最大のポイントはかしゆかの口から、今回のライブの出来に満足しておらず、謝罪したいという、かなり衝撃的なコメントが発せられたことです。Perfumeを取り巻く会社やら何やらが一大プロジェクトとして開催したあのライブについて、こんなことを発言するというのはとても勇気のいることです。賢いかしゆかのことですから、その発言がどういうインパクトを引き起こすかは充分承知し、考慮して、メンバー間でも事前に了解をとった上での行動だと思います。そうした面倒をあえて真正面に引き受けてでもこれを伝えようとしたのだというのは、極めて真摯で誠実な態度であると言うより他に言葉がありません。

兄弟喧嘩の末解散してしまった「オ」で始まり「ス」で終わる大変カッコいいバンドがUKはマンチェスターにいましたが、彼らなどは声が出ないとかと言っては途中でヴォーカルが引っ込んで最後まで出てこないなどということを平気でする、ファン泣かせのひどい奴らでした。(それがロック的という見方もあるでしょう)それと比較するのはPerfumeに大変失礼ですが、今回のことは今回で精一杯頑張ったのだし(オ○○スはそれすらしなかった)、次回の糧にして、次をよりいいものにすればいい、そういう考え方も充分成立しますし、ほとんどの人はそういう風に事を片付けるでしょう。しかし、今回のことは今回のこととしてきっちり落とし前をつけることをまずして、その上で更なるクオリティの追求を宣言しているということです。これは求道者的というのも大袈裟な表現とも言えなくなってきました。プロの凄みすら漂ってきたと感じました。MIKIKO先生やスタッフも大変な領域に入ってきました。でも、ハードルを上げてこそのPerfumeなのでしょう。

テーマ : Perfume
ジャンル : 音楽

tag : Perfume 東京ドーム

東京ドームをめぐる断片的な感想

すでに世の中には洪水の如く、11月3日Perfume東京ドーム公演に関する、レポ、感想が溢れています。私はまだあまり巡回できていませんが、情報過剰の時代ですので、箇条書きで(シャレではありません)感想を記したいと思います。ちょっとPerfume@wikiの2ちゃんの切り貼りみたいになってしまうと思いますが、まあそこはそんな感じで。

登場に驚いた曲
GAME・・・もうライブでの登場はないものと思っていました。
575・・・ラップを挟むので、登場は予想外。周りからも驚きのこもった歓声が沸きあがりました。
Perfumeの掟・・・伝説としてしか知らなかった、そして復活を熱望していた企画です。ちょっと前に亀戸時代のダンス・パフォーマンスがYouTubeにあがっていたこともあり、Perfumeのダンス・パフォーマンスを期待していただけにうれしい驚きでした。
Lovefool・・・CM用で部分完成に過ぎない作品でもあり、これまたうれしい誤算。

登場しなかったことに驚いた曲
edge・・・私の中ではもっともアガる曲であり、定番と勝手に思っていました。やっぱり長すぎるんでしょか。
SEVENTH HEAVEN・・・ドームの天井にきらびやかな映像を映して、さながら天国が再現されると、やはり勝手に想像していました。
FAKE IT
・・・発売1週間前となったので、当然今回披露されると思っていました。

その他、曲にまつわる感想
ワンルーム・ディスコ・・・4曲目のこの曲のイントロで初めて「東京ドーム!!!」のコールがあ~ちゃんから発せられ、バードスキン
VOICE・・・印象的なビビッドなライトグリーンの衣装+とても鮮やか映像がドーム全体を包み、なんだかCGいっぱいのミュージックステーションをドーム大の大画面で見ているような錯覚にとらわれました。
コンピューターシティ+エレクトロワールド・・・見ていたところが1階スタンドの最後列の1列前というほぼ一番末席、かつ花道と花道の中間という場所で、通常だったらあまり盛り上がりにくい位置につけていたのですが、私は好き勝手に踊っていました。どうでもよいことですが、おじさんなのでワンコ、IslU、チョコディスの時は横ノリです。しかし、コンピューターシティから一気に周りの盛り上がりが目に見えてヒートアップし、続くエレクトロワールドまで大変よいノリでした。ちなみにここでは私も縦ノリ。
コンピュータードライビング・・・直角二等辺からのライブ参加、かつRIJ10は不参加の私がもっとも待ち望んでいる曲ですので、イントロが流れ出すと同時に思わず「キターッ」とニコ動か、織田裕二さんかという叫びをあげてしまいました(もしくは山本高広さんでもいいんですが)。が、喜びも束の間。イントロだけで終了で、奈落の底に落ちました。もぅ、いじわりゅ。ぜいたくいいますと、あの長かった「Perfume」(曲名の方)を短くして、こっちに充てて欲しかった。
ねぇ・・・PVの高速ステップが生で登場。感想はもちろん、かっけー、かっけー、かっけー。
ポリリズム・・・アンコール最後の曲ということで、あ~ちゃんが「私たちにチャンスを与えてくれた曲」と紹介し、一気に熱い思いがこみ上げました。今までこの場所に置いたことがなかっただけにその強い思い入れが伝わってきました。曲中、あ~ちゃんが泣いてるのがわかりました。おじさんがその時どうなっていたかは私の心の中だけにとどめておきます。

曲以外の感想
・5万人を集めて話すMCが鳩の話。さすがPerfume、さすがあ~ちゃん。あっぱれ。
東京ドームの舞台に立てたことについて、順番に思いを話すMC。夢みたいと言うのっちの表情が充実感に満ちた何とも言えないいい表情。かしゆかは目を潤ませ、ちょっと上気した感じでかわいすぎ。あ~ちゃんは順番が回ってくるや感極まってしまいました。声を震わせながらの、この夢のステージにかしゆかとのっちと一緒に立てていることがすごいうれしいです、という発言は、文字にすると何でもないものになってしまいますが、とても実感のこもった、三人の絆がしっかりと伝わる、とても感動的なもので、それを聞いたおじさんがどうなったか...(←もういいっつうの)

それから、コール&レスポンスのパターンが変わりました。会場を3つのエリアに分け、にんじん、じゃがいも、たまねぎとカレーライスの具になぞらえて名付けていました。自分のエリアの具の名前を呼ばれると、「イェ-」などとレスポンスします。おにくと呼ばれたら全員で「おにくー」と返します。ドームの天井に5万人の「おにくー」という叫び声がエコーしていて痛快でした。しかし、この5万人を集めて、はみがき上手かなを合唱させ、カレーライスの具でコール&レスポンスという幼稚園児並みの扱いは、さすが西脇幼稚園と呼ばれるだけあってある意味快挙だなという感想をもっていました。

しかし、このカレーライスの具には深い背景があることを、つい最近ブロともになっていただいたrunrun1006さんのブログで知ることができました。読んでいなければ、単に上述の感想で終わっていたところでした。Perfumeというのがどれだけすごい、そして素晴らしい人達なのか改めて思い知らされました。これを読んでおじさんがどうなったかというと...(←ゴメンナサイ、モウシマセン)。私のブログのタイトルが大袈裟ではないと自信を深めることができました。是非そのrunrun1006さんへの下記リンクへ。

ライブレポの前に

テーマ : Perfume
ジャンル : 音楽

tag : Perfume 東京ドーム

明日はPerfume東京ドーム公演

いよいよ明日は待ちに待ったPerfume東京ドーム公演が開催されます。日本中の、そして世界にも広がったPerfumeファンの気持ちが集結する日になります。

・・・とびきりの演出で
・・・埋め尽くす数えきれないほどの観客を
きょ・・狂熱の渦にたたきこむ
・・・有無を言わさぬド迫力
どー・・ドーナッツたべたべ
・・・夢中になって応援するファンの感動は計り知れず

否が応でも期待が膨らみます。楽しみですね!

テーマ : Perfume
ジャンル : 音楽

tag : Perfume 東京ドーム

プロフィール

ngo900jp

Author:ngo900jp
Perfumeをこよなく愛する40代。家族にPerfumeを受け容れてもらえるかどうかが重大問題。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
ユーザータグ

Perfume あ~ちゃん KARA テクノ・ポップ ジェニーはご機嫌ななめ ポリリズム K-POP 東京ドーム ナチュラルに恋して BEAUTY ドラッカー NATURAL BASIC コンピューターシティ コンプリート・ベスト ファン・サーヴィス ジューシィ・フルーツ the love 不自然なガール GAME 道夏大陸 world キャンディーズ プリマ・ボックス [bitter] かしゆか 坂本冬美 [sweet] 東京事変 Love cruising GAME Baby のっち POLYSICS 椎名林檎 HEAVEN スーちゃん JPN SEVENTH リニアモーターガール ねぇ 田中好子 コリーヌ・ベイリー・レイ 宮里藍 PUFFY パーフェクトスター・パーフェクトスタイル 中田ヤスタカ チョコレイト・ディスコ マカロニ エレクトロ・ワールド NIGHT BcL コンピューター・ドライビング FLIGHT edge 児玉裕一 ワンルーム・ディスコ ランちゃん 伊坂幸太郎 Eyed Wonder Girls Brown レーザービーム 微かなカオリ AFTER SCHOOL Cars RAINBOW DANCE Weezer DAISHI IT FAKE Fighter 武道館 紅白 Dream Politti capsule Gorillaz Scritti 鈴木さえ子 VOICE OMAJINAI☆ペロリ RCサクセション 少女時代 スガシカオ 天国のキッス VOICE 575 トゥワー 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク 震災義援金 その他
東日本大震災関係を中心に
最新記事
表示中の記事
→次
最新コメント
ブロとも一覧

CRASh

Perfume to 私 と BABYMETAL

最高を求めて、終わりの無い旅をするのは。

パーフェクトスターにはならないで!

パフューム総合研究所♪(ぱそうけん)

「寝物語」 -Perfume Fan's Blog-

テクノの庭

僕と会社とPerfumeと ときどき いや 結構モノノフ日記

ふと思い出す景色のように
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。