スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KARAとPerfume その4

あ~ちゃんはファンとの座談会でもさかんにKARAの話題をしていたりKARAのダンスをしていたということを参加者の方が書いています。またKARAの日本滞在中に自宅に招いて料理を振る舞ったほどです。当然、KARAPerfumeのことが大好きであることは想像に難くありません。

そのことが見てとれる映像があります。KARAのジヨンちゃんがちょっとしたオフの時間に買い物をするチャンスがあり何をしているかと言うと...

10:20からです。




次は5:08からと5:56から




以前も書きましたが、両者の人間的魅力が麗しい関係を築いていますね。

このような人柄によるところもあり、騒動にもかかわらず日本で衰えぬ人気をもつ、そしてPerfumeともお友達のKARAは、日本と非常に深く良好な関係にあると言えます。そこでジヨンちゃんは頑張って日本語でメッセージを書いてくれています。

Jiyoung message

こういう努力と思いやりには感動させられます。
スポンサーサイト

テーマ : Perfume
ジャンル : 音楽

tag : KARA Perfume あ~ちゃん

KARAのハラちゃんが人知れず

KARAのク・ハラがこっそりと日本の支援に乗り出し、1億ウォン(約720万円)を寄付した。

ク・ハラは3月22日、社会福祉共同募金会に、日本の地震被害の回復と被害者を助けるための寄付金1億ウォンを寄託した。

ク・ハラは所属やKARAの名前ではなく、個人の資格で1億ウォンを寄付した。所属事務所にもこのことが一歩遅れて伝わった。

KARAは、当初3月23日に日本で第3弾シングルを発売し、活動を始める予定だった。しかし、日本の大地震の余波により、CDの発売が延期になり、日本での活動も暫定的に中断された状態だ。

一方、ペ・ヨンジュン、キム・ヒョンジュン、SM、YG、JYエンターテイメントなどが日本の支援の寄付に乗り出したが、所属事務所ではなく、個人の資格で寄付したのは、ク・ハラが初めてだ。

イジェファンstar@newsen.com

人知れず1億、日本を助ける寄付へのリンク


なんでもこの額はハラちゃんの年収の半分と見られているそうです。クールな顔立ちとは裏腹に義に篤い人物であることは以前から知られていたところですが、ここまでとは! しかもマーケティングを意図したものでなく、人知れず、という奥ゆかしさ。本当に有難いです。


o0530079511121789266_convert_20110324020005.jpg

テーマ : KARA
ジャンル : アイドル・芸能

tag : KARA

もう1つのストーリー

KARAの未来もなかなか霧が晴れず、相変わらず心配を消させてくれません。そんな中、今回のものは紹介せずにはいられず、多少なりともKARAに興味をお持ちの方には是非ご覧いただきたいと思います。

Kumakichiさんという方の「KARAMANIA」というブログに「KARA THE MIRACLE STORY」という動画が紹介されています。これはKARAが今のポジションを築くまでの苦難の道のりをファンが編集したものです。Perfumeでいうところの「道夏大陸」にあたるものと言えます。共通点も指摘できるところですが、そんな表層的なことより、こうした活動によってグループの維持が支えられてきたのかと思うと、グループに対するメンバーの強烈な愛着を感じ、非常に感動が呼び起こされます。

このようにして韓国と日本という2つの国、および他のアジアの国々で愛されるグループになったKARAという存在は、現在の5人のメンバーでこそ作り上げることができたのだと思います。是非その5人のKARAを存続させてもらいたいと改めて切に願います。



テーマ : KARA
ジャンル : アイドル・芸能

tag : KARA Perfume 道夏大陸

KARAは応援するに値するか

音楽傾向もまったく違うのに、いくらあ~ちゃんの影響があるとは言え、なぜに私がPerfumeについてのブログにもかかわらずKARAに対する応援記事を書いているのか不思議に思われる方も多いと思います。
Perfumeの記事を期待してお越しいただいた方には恐縮ですが、もう少し続けます。

KARAの親御さんとメンバーが事務所にいろいろな不満を抱えているようです。
金銭の分配の問題がない訳ではないと思いますが、それだけであると見るのは早計だと思われます。
一つには、事務所に対する義理を感じてク・ハラが契約解除を撤回したこと。もう一つは、メンバーの中でも特にKARAに愛着をもっていると思われるハン・スンヨンがここまでの強硬な手段に出ざるを得なかったと思われるからです。

まずは下記の記事をお読みください。これは青い風☆という方の「KARAに夢中!」というブログからの引用で、例により私なりの字句修正を加えました。

KARAに夢中

KARA存続なるか?ハン・スンヨンの動向に注目!

'KARA存続'ハン・スンヨンの動向に大衆の視線が集中している。

ハン・スンヨンはチョン・ニコル、カン・ジヨンと共に1月19日所属会社DSPメディアに契約解除を通知した。パク・ギュリとク・ハラがKARAに残るという意思を見せた中で3人側が契約解除通知をする中で波紋が生じた。

さらにハン・スンヨンの契約解除通知にファンたちの驚きは増している。ハン・スンヨンはファンたちはもちろん、他のファン層も'KARAの守護神'として認められてきたためである。KARAが無名に近いほど困難な時期にKARAを世に知らせるために孤軍奮闘したハン・スンヨンの姿は2~3年が過ぎた今でもファンたちの間で広く知られるほどだ。

'KARAの象徴'のハン・スンヨンのチーム離脱がファンたちに与えたショックは大きかったわけだ。さらに結成からのメンバーでパク・ギュリとともにチームの柱の役割をしてきたこともありファンたちの心細さは増している。これに一部のファンたちは今回のチーム離脱をハン・スンヨンの本心ではないことだと推測している。

ファンたちは各種掲示板やハン・スンヨンのツイッターでチームを守ってくれと訴えている。ファンたちは"ハン・スンヨンがチームを離れるわけがあるか?" "KARAを守ってきたハン・スンヨンが今回もチームを守ってくれ" "ハン・スンヨンを信じる"という文を残している。

幸いにも20日ある言論インタビューを通じてハン・スンヨンの父親が楽観的な返事を出してファンたちを安心させた。ハン・スンヨンの父親は"KARAは5人これでなければならない"という立場を明らかにしたしこれに対してファンたちはハン・スンヨンの復帰の可能性に期待を込めた。

もしハン・スンヨンが帰ってくるならば残留する人数に錘の重心が傾かなければならない。 リーダーのパク・ギュリが初めから残留していたし、チーム内で最高の人気メンバーのク・ハラも所属会社残留を決めた。こういう状況でKARAの象徴のハン・スンヨンまで残留を選択するならば事実上チーム解体は防げるということが大多数の専門家たちの意見だ。

だが、こういう楽観的な推測の中でもハン・スンヨン側はまだどのような立場も明らかにしていないため、ファンたちの涙は続くものと見られる。

[ニュースエン エンターテイメント部]


ハン・スンヨンがKARAの困難な時代に孤軍奮闘していたことを示す動画を貼ります。
お涙頂戴ではないかという意見もあるかもしれませんが、ライバルの少女時代のメンバーまでがガチでもらい泣きしていることからも真実味が伝わってきます。




もう一つ、ハン・スンヨンが体を張って頑張るけなげさに、Perfumeと方法は違えど、同じ迫力を感じる動画です。
(3分14秒からが主題です)





今回の問題を見ていると、Perfumeはいい事務所に恵まれたと思います。

テーマ : KARA
ジャンル : アイドル・芸能

tag : Perfume KARA

KARAにエールを送ってみる

ニュースでも取り上げられるほどの騒動になっているKARAの事務所との契約解除問題です。ここはひとつKARAにエールを送りたいと思います。

問題として指摘されているのが、KARAの取り分が少なく、日本であんなに売れていて、日本での稼ぎが180億ウォンもあったのに月に22万円しかもらっていないとか、ただでさえ休みもないスケジュールである上に、日本での活動まで加わって異常な働かされ方であるということが言われています。一方、事務所としては育成に時間と金をかけているので回収しようとするのはある程度理解できるという見方もあります。

さらには、今回の問題は親が主導しており、メンバーは引きずられている、あるいは事態をよく認識しないまま書面にサインしたという話もあります。

メンバーの公式声明がないので、よく分からない部分も多く、また今後の展開もわからないのですが、良い記事を見つけたので、2つ引用します。長いので興味のある方だけ。

なお引用元はooltさんという方がなさっている「雲の磁力」というブログです。おそらく翻訳機能を使っているものと思われますので、前後の文脈から字句を私なりに修正させていただきます。間違いがあるかもしれませんがご容赦ください。あと、まったく意味が解らなかったところはとりあえずそのままにします。

雲の磁力


1つ目は、よく状況が分からない中での報道が多い中で、KARAの近くにいるという記者の記事。

KARAの戦いなのに実際にKARAの姿と話はどこにも探せない。

本当に皮肉な状況だ。明らかにKARAのことなのにKARAのメンバーが"私が決めた"あるいは"私の考えはこうだ"と立場を明らかにしたことはク・ハラが唯一だ。皆が両親あるいは所属会社が子供たちを前に出してあたかも'防壁の盾'にしている気分にまでなっている。いったいKARAの立場は何なのだろうか。

事実上今回の対立の構図に対する一般的な分析はKARAのご両親と所属会社の摩擦と見ている。メンバーらはご両親の決定に引きずられていっているのではないかという推測が力を増している。両親と所属会社との葛藤はやはり本質的にお金に関連しているとの見方が大半の意見である。目の前の利益に対する大人たちの混沌とした戦いに子供たちの未来は急速にしぼんでいっている。KARAを前面に出しているけれど、かえってKARAを自分たちが壊しているということを自覚できないようだ。

重要なのはメンバーらの公式的な立場だ。これはファンたちも望むところだ。もちろん年齢的にカン・ジヨンをはじめ世の中のことに対して明るくないメンバーらに両親という代理人は必要だ。だが、今の姿は正しくない。少なくとも堂々と自身の立場を正確に明らかにしなければならないことは当然だ。多くのファンたちとネチズンらがご両親らに疑惑のまなざしを投げかけている理由を分からなければならない。

こういう状況でク・ハラが所属会社に残ることを決めた。私はその決定がどんな方向であっても自身が直接意志を表現して決めたという点でク・ハラを高く評価する。自身の人生に対して自身が選択権を持って自身が決めたためだ。誰もこのようなク・ハラに石を投げる権利はない。

一部ではク・ハラの立場の翻意に対して悪意の視線を送っているが、これは正確に現実を把握することができないことに起因する。事実上ク・ハラは幼い時期からご両親と離れて住んでいた。両親という防壁の盾が事実上なく、むしろ年を召されたおばあさんを見守り生きてきた。

KARAの活動を始めながらも他のメンバーらがご両親らの意思決定権に大きな影響を受けた反面、ク・ハラの場合、自身が直接全てのものを決めなければならなかった。このように周囲に大人がいないク・ハラがとりわけ多数のメンバーらの動きから抜け出ることは容易ではなかったところだ。ク・ハラが契約解除通知が決定された以後では驚いて立場を翻意したことは、KARAのご両親らが子供たちの十分な意思統一をしないで一方的な動きを見せたのではないかとの結論まで導き出せるわけだ。

KARAはKARAのメンバーらのKARAであって、KARAの所属会社も、ご両親も主ではない。これは所属会社も同じだ。所属会社やKARAのご両親の皆が何か錯覚をしているようだ。

状況は悪くなっている。すでに放送界の反応は冷たく、ヨンジェヒョプなど団体らもじっとしていないと激しく注視している。その間もちろんイメージは大きく積み上げたものが蜃気楼のように消えていっている。五人がまた一つになろうが、そうでなかろうが子供たちの未来だけが不透明になっている。少し時間が過ぎれば解散を跳び越える最悪の結果が出る可能性も少なくない。

お金も、名誉も、人気も重要な時ではない。今KARAのメンバーらに最も重要なのは'未来'だ。まだ幼くてまだ行く道が蒼々たる未来がある幼い子供たちだ。大人たちの思惑と欲で子供たちの未来をメッタ切りにする権利は誰にもない。両親や所属会社の皆が今、'過去にはこうした'ということで一貫して尖鋭に対立してばかりいるだけで、'未来に対する考え'は全く出来ずにいるようだ。 過去に囚われて未来をかじって食べているわけだ。

今はKARAのメンバーらが直接立ち上がって自分たちの意見を表明する時だ。そして自分たちの人生の決定権は両親にも所属会社にもないことを知ってくれるように願う。そして誰よりも私はKARAを信じる。

김형우 cox109@newsen.com

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201101200837491002&code=100200


そしてメンバーのハン・スンヨンのお父さんのインタビュー「最もよい方法は五人が一緒に活動すること」

[TVリポート チョ・ウヨン記者] DSPメディアグループ(以下DSP)側に契約解除通知をしたKARAのハン・スンヨンの父がチームが二分されるのを願わないという立場を明らかにした。

20日TVリポートはある放送局取材陣と共に京畿道(キョンギド)、始興市(シフンシ)に位置したハン・スンヨンの実家を探して彼女の父親のハン・チョンチル(韓国刀剣大ピョ)氏の話を聞いてみた。 取材陣のインタビュー要請に熱心に言葉を選んだハン氏は娘に対する心配で精神的苦労が激しいことを示すかのようにかろうじて口を開いた。

ハン・チョンチル氏はまず"そういう話(DSP側との不和説)があってもこんなにまでなるとは思わなかった"として、その間スンヨンがたまに大変だと一部ではあるがそのまま単純にそうだろうとした"と話し始めた。

彼は引き続き"スンヨンから昨日(19日)電話がきたが泣くばかりだったよ"として"考えたことと違い実際に紛争が起こったら当惑して勝ち抜くこととても手にあまっているようだ"と伝えた。

メンバーらがDSP側に最も大きい不満を持っている部分に対してハン・チョンチル氏は"いろいろあるだろうが一言で言うと'秩序'がないことだと聞いた"としてKARAがすでに認められた上で活動をしているだけに後押しにならないのではないかと考えられる"と話した。

ハン・チョンチル氏によればDSP側がKARAの活動の契約時に(格に合う)ある程度の選別をしなければならないのにこれを熟慮なしでどんな日程でも入れてしまう場合が多いということがメンバーらの不満だ。 例えばB級スケジュールを突然入れた後、次にA級スケジュールが入ってきても先立って入れたB級スケジュールのためにAをあきらめる場合が多いという意味であると推測される。

また、彼は今回の事態が'お金の問題'や'新生企画会社移籍'のためではないと主張した。 彼は"金銭的な問題は今論じたいことも含めてそのような段階でもない"として"、もし(DSPが)不当ならばそのまま契約を終わらせてしまうが、他の会社に行くということは容認されない。有り得ないこと"と強調した。

特に彼はファンたちの失望感が大きいことに対して最も惜しんで憂慮した。彼は"ファンたちの存在がない歌手がどこにいられるか。ファンを最も重要視するだけに、最も惜しくて胸が痛いのがファンたちから信義を破ったという非難を受けること"としながら"その問題をどのように解決していくべきかもよく分からない"と苦しさを吐露した。

ハン・チョンチル氏は娘ハン・スンヨンに対する助言の話も忘れていなかった。彼は"スンヨンに複雑ならば(芸能生活)をみなたたんで、勉強をまたしろといった"として"どんな道が正しい吉人紙どのようにすることが最も賢明なことか賢く結論づけられるように願うだけ"と話した。

その'正しい道'が何であると考えるのかという質問にハン・ジョンチョル氏は"最も良い方法がどんなことなのかは皆知っているのでないか"と反問して"五人が一緒に活動すること"と表現した。

彼は"東方神起とも比較などしたがKARAはまだ新人と違わない"として"(残留をしようが脱退をしようが)チームが二分されて活動することはないとみる。どうなろうと一緒に活動しなければならないというのが私の考え"と話してハン・スンヨンが残留する可能性も排除できないということを表わした。

最後にハン・チョンチル氏は"根本的にいかなる部分が問題なのか、問題があるならば是正して良い問題なのかどうかそれから調べてみなければならないようだ"として"他の両親たちはどう思うのか会ってみてこそ分かるようだ。人はどんな事でも有終の美が重要だ。両親についてその部分がとても惜しい"とため息を吐いた。

http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=88761


苦労してここまでの人気をつかんだKARAです。事務所と話し合って、メンバーがやり甲斐をもって気持ちよく働ける環境を用意し、事務所はKARAの活躍によりこれまでの投資を回収できるという解決を図ってくれることを願って止みません。

テーマ : KARA
ジャンル : アイドル・芸能

tag : KARA

プロフィール

ngo900jp

Author:ngo900jp
Perfumeをこよなく愛する40代。家族にPerfumeを受け容れてもらえるかどうかが重大問題。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
ユーザータグ

Perfume あ~ちゃん KARA テクノ・ポップ ジェニーはご機嫌ななめ ポリリズム K-POP 東京ドーム ナチュラルに恋して BEAUTY ドラッカー NATURAL BASIC コンピューターシティ コンプリート・ベスト ファン・サーヴィス ジューシィ・フルーツ the love 不自然なガール GAME 道夏大陸 world キャンディーズ プリマ・ボックス [bitter] かしゆか 坂本冬美 [sweet] 東京事変 Love cruising GAME Baby のっち POLYSICS 椎名林檎 HEAVEN スーちゃん JPN SEVENTH リニアモーターガール ねぇ 田中好子 コリーヌ・ベイリー・レイ 宮里藍 PUFFY パーフェクトスター・パーフェクトスタイル 中田ヤスタカ チョコレイト・ディスコ マカロニ エレクトロ・ワールド NIGHT BcL コンピューター・ドライビング FLIGHT edge 児玉裕一 ワンルーム・ディスコ ランちゃん 伊坂幸太郎 Eyed Wonder Girls Brown レーザービーム 微かなカオリ AFTER SCHOOL Cars RAINBOW DANCE Weezer DAISHI IT FAKE Fighter 武道館 紅白 Dream Politti capsule Gorillaz Scritti 鈴木さえ子 VOICE OMAJINAI☆ペロリ RCサクセション 少女時代 スガシカオ 天国のキッス VOICE 575 トゥワー 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク 震災義援金 その他
東日本大震災関係を中心に
最新記事
表示中の記事
→次
最新コメント
ブロとも一覧

CRASh

Perfume to 私 と BABYMETAL

最高を求めて、終わりの無い旅をするのは。

パーフェクトスターにはならないで!

パフューム総合研究所♪(ぱそうけん)

「寝物語」 -Perfume Fan's Blog-

テクノの庭

僕と会社とPerfumeと ときどき いや 結構モノノフ日記

ふと思い出す景色のように
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。