スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

love the worldで思い出すもの

ロボトリアさんが「love the world」のインストルメンタル・ヴァージョンについて書かれていたので、私も急に思い出して書きたくなりました^^)
そのような、ロボトリアさんの記事をリスペクトしたサンプリングのトリビュート記事のようでもあり、言い換えるとコバンザメ的なオンブオバケ記事です(笑)

ロボトリアさんの記事へのリンク

love the world」については以前、一度記事にしています。

love the worldの記事へのリンク

上記の記事にもありますが、「love the world」を一聴した瞬間、一定の年代の人々は、やはり、かの日本最強のテクノ・ポップ製作者を思い浮かべたこととと思います。そんなことを考えているうちにしばらくしてニコ動に度肝を抜くマッシュ・アップがアップされました。私はこれには感動しました。曲はもちろんのこと、画像も良い、そして冒頭に出てくるコピーも素晴らしい。一番好きなマッシュ・アップです。





と、これを紹介したいだけのための記事でした。


ちなみに中谷美紀さんのヴォーカル入りもあり、こちらは更にすごい技法が使われているようです。



フォルマントなんて専門用語初めて聞いたでございます。
スポンサーサイト

テーマ : Perfume
ジャンル : 音楽

tag : Perfume love the world

love the world

本題に入る前に、前回の記事「Perfumeを他人(ひと)に薦める その7」の補足を少々。友人のKくんはPerfumeを私に薦められるうちに萌えを感じるに至りました。特にBaby cruising LoveのPVが気に入ったようで、電話で私に伝えたところによると、「引き返せないほどの距離が」というところの最後の部分であ~ちゃんが電球に少し顔を寄せるところがえらく萌えポイントになったようで、数十回にわたり繰り返し視聴するというハマリようで、してやったりという気分になったのは言うまでもありません。

では、今回は2008年7月9日発売の、Perfume初のオリコン1位獲得シングル「love the world」についてです。発売に先立って公開された頃の、Kくんと私のEメールのやりとりです。なお、読み易いように、通常とは逆に返答が下に来る形に並べ替えてあります。

-----------------------
From: ngo900jp
Sent: Sunday, June 22, 2008 11:32 PM
To: K
Subject: Love the World解禁


Kくん

もう見ましたか?どうやら新曲Love the Worldが解禁になりPVが流れているようです。
イントロはまるでYMOです。しかしボーカルが入るとこれがまた清々しい良い曲です。
Kくんも言っている、なんか聞いたことがあるという感覚が今回は特に強いですが、YMOが80年代に他人に書いた曲っぽいかな、でも90年代にもあったような気もする、と思いつつ、それでもやはり今回も新しいと感じます。


あ~ちゃん最近かなり痩せてます。どっちも好きだけど。


ngo900jp

-----------------------

From: K
Sent: Thursday, June 26, 2008 10:07 PM
To: ngo900jp
Subject: RE: Love the World解禁

ngo900jpさん

Love The WorldのPV見ました。
期待を裏切らない、ポップな良曲ですね。
確かにイントロのYMO風には笑えましたが、3人のコスチュームがシュープリームス風だったり、ルービックキューブが出てきたりと、面白かったです。
かといってただのレトロに陥っていないところが、楽曲、ビジュアル面とも非常に良く練られているし、Perfumeに対する中田の作風も一層安定してきて、益々やられちゃいますねー。
今回のPVは何よりも、どアップが多いのが、二重丸。
PV最後の「チュチュチュ」なんて、気絶しそうです。




-----------------------

From: ngo900jp
Sent: Monday, June 30, 2008 10:27 PM
To: K
Subject: RE: Love the World解禁

Kくん

PV良いですね。モノクロ。僕は3人が自由に飛び跳ねてるとこが好きです。
かしゆかの横跳ねと、あ~ちゃんの「柔らかな君のタイミング」というところでかがみながら「君」を指差すところ、そして3人が前に出てきて「チュチュチュ」。
この間の早送りとスローの組み合わせ、そして「チュチュチュ」の後、ブレイクしつつ、一瞬すべての音をミュートするところ。これはサウンドとビジュアルの完璧な組み合わせです。

Hey×3もアップされていますが、最近僕がよく指摘していますが、かしゆかがかわいくなってきていると思います。そして前回書いたようにあ~ちゃんは痩せてきています。
売れるというのはそういうことなんだなと。
メジャー化以降はのっちセンターが基本になってきてますね。まあ、一般的にはやはりそう落ち着くのでしょう。


最近の僕の自問

 1. Perfumeがもしなくなったら僕は・・・もちろん死にはしません。が、廃人になるかもしれません。
2.Perfumeのフィギュアが発売されたら・・・あくまで仮定の話で、現在の事務所の方向性からして、実際に売られることは絶対ないですが、買いそうで怖いです。これまでだったらそんなもの欲しいなんて全く思いもしなかったのに。
3.Perfumeとのコラボレーションを中田ヤスタカがやめたら・・・ここまでほとんど捨て曲なし。特にGAMEでは、ちょっと後に取っておいた方がよいのではと思わせるラインナップ。中田が今後このような良い曲を出し続けられるのかという不安とともに、もしこの組み合わせが解消されたらと考えると・・・今は想像がつきません。僕はあ~ちゃんの包みこまれるような歌声に、特にポリリズムのあの極端に機械的なボーカルの中にあって、突如2番途中であ~ちゃんの柔らかな歌声が出てくるのに、カタルシス作用が発生します。ポリリズムでは例のループにおけるカタルシスもありますが、この声の作用、またPVのあ~ちゃんのビジュアル的な柔らかさ、これらが多分僕を一番ひきつけているように思います。ということで、良い楽曲の提供を受ければ、ソロでもいけると思います。が、当面は行けるところまでPerfumeとして行って欲しいのは、言うまでもありません。

ngo900jp

-----------------------

love the world(通常盤)love the world(通常盤)
(2008/07/09)
Perfume

商品詳細を見る

テーマ : Perfume
ジャンル : 音楽

tag : Perfume love the world Baby cruising Love

Perfumeにハマる - テクノ・ポップ蘇生の試み

Perfumeにハマった要因について、1つ目の習慣性の高い音楽性、2つ目の動画を介した共感、とこれまでに述べてきました。これらはおそらく年齢性別を問わず多くのPerfumeファンと共通しているのではないかと思われます。この他にも、ルックスがカワイイからというケースもあるかもしれませんし、私にとってもその要素があったであろうことは否定できないでしょう。しかし、3つ目の要因は、個人的ないしは世代的な部分であったと思います。それは、テクノ・ポップというものを現代に蘇らせるという無謀とも思える試みに感動したからです。Perfumeがブレイクする時点では忘れ去られていたテクノ・ポップという音楽を、前面に打ち出したグループが出てきた。その事実だけで十分インパクトを受けたことは以前の記事にも書いたところです。

Perfumeとの出会い

コンプリート・ベスト購入

ポリリズムでPerfumeを知った後、動画を漁る中で、なんとジューシィ・フルーツの「ジェニーはご機嫌ななめ」を素晴らしいアレンジでカバーしているのを発見しました。これには選曲にも、アレンジにも歓喜せずにはいられませんでした。中学生の頃好きだったジューシィ・フルーツ。当時私にチョコレイトをくれた女の子はベースの沖山優司が好きだと言っていました。時は流れ、その後、近田春夫率いるビブラストーンのライブで沖山優司を見る機会がありました。話が完全に脱線しました。Perfumeは私がシングル・レコードで今も持っているあの曲を演っている。これは本気度がすさまじいと確信しました。

Jenny.jpg

Perfumeがテクノ・ポップと言えるのは全国インディーズ時代からコンピューターシティぐらいまでと言えると思います。特にエレベーターとかシークレットメッセージが昔ながらのテクノ・ポップ感が強いと思います。その後はハウスやエレクトロにシフトしていて、それらも大変素晴らしいのですが、そんな中でも、love the worldNIGHT FLIGHTなどでちゃんとテクノ・ポップを忘れずに出してきてくれるところがうれしいです。

その当時の私の最大の疑問は、一体誰がどうしてPerfumeとテクノ・ポップを引き合わせたのか、でした。

- 次回に続く

テーマ : Perfume
ジャンル : 音楽

tag : Perfume テクノ・ポップ コンピューターシティ ジューシィ・フルーツ ジェニーはご機嫌ななめ love the world NIGHT FLIGHT

プロフィール

ngo900jp

Author:ngo900jp
Perfumeをこよなく愛する40代。家族にPerfumeを受け容れてもらえるかどうかが重大問題。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
ユーザータグ

Perfume あ~ちゃん KARA テクノ・ポップ ジェニーはご機嫌ななめ ポリリズム K-POP 東京ドーム ナチュラルに恋して BEAUTY ドラッカー NATURAL BASIC コンピューターシティ コンプリート・ベスト ファン・サーヴィス ジューシィ・フルーツ the love 不自然なガール GAME 道夏大陸 world キャンディーズ プリマ・ボックス [bitter] かしゆか 坂本冬美 [sweet] 東京事変 Love cruising GAME Baby のっち POLYSICS 椎名林檎 HEAVEN スーちゃん JPN SEVENTH リニアモーターガール ねぇ 田中好子 コリーヌ・ベイリー・レイ 宮里藍 PUFFY パーフェクトスター・パーフェクトスタイル 中田ヤスタカ チョコレイト・ディスコ マカロニ エレクトロ・ワールド NIGHT BcL コンピューター・ドライビング FLIGHT edge 児玉裕一 ワンルーム・ディスコ ランちゃん 伊坂幸太郎 Eyed Wonder Girls Brown レーザービーム 微かなカオリ AFTER SCHOOL Cars RAINBOW DANCE Weezer DAISHI IT FAKE Fighter 武道館 紅白 Dream Politti capsule Gorillaz Scritti 鈴木さえ子 VOICE OMAJINAI☆ペロリ RCサクセション 少女時代 スガシカオ 天国のキッス VOICE 575 トゥワー 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク 震災義援金 その他
東日本大震災関係を中心に
最新記事
表示中の記事
最新コメント
ブロとも一覧

CRASh

Perfume to 私 と BABYMETAL

最高を求めて、終わりの無い旅をするのは。

パーフェクトスターにはならないで!

パフューム総合研究所♪(ぱそうけん)

「寝物語」 -Perfume Fan's Blog-

テクノの庭

僕と会社とPerfumeと ときどき いや 結構モノノフ日記

ふと思い出す景色のように
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。