スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来を構想する

名古屋にナディアパークという複合施設ビルがあります。Perfumeのコアなファンの方なら名前を聞いたことがある方も多いと思います。なぜなら、かつてここにはヤマギワソフトというショップが存在し、Perfumeが名古屋でのインストア・イベントのたびに訪れていたからです。そして、その都度、壁にサインやメッセージを残しています。残念ながら私はその頃にはPerfumeの存在も知らず、遠いところに住んでいました。

2007年3月22日、「Fan Service 〜‎bitter〜」発売直後の際には、「オリコン20位以内」と目標を書き残しています。前月に発売の「Fan Service 〜‎sweet〜」で31位まで上昇し、配信では1位を獲得したばかりですから、この目標は十分射程距離だったと言えます。しかし、オリコンで20位以内と圏外では、やはりその位置づけに大きな隔たりがあるように感じますので、目標としては十分に価値のあるものだったと思います。

言わずと知れた2007年9月12日発売の「ポリリズム」で、目標どおり、いやそれを大きく上回るオリコン7位を獲得します。

「ポリリズム」発売直後の2007年9月12日、Perfumeはヤマギワソフト・ナディアパーク店にプロモーションのためやってきます。そしてオリコン5位以内という次なる目標を掲げます。

続いてリリースされたのが2008年1月16日発売の「Baby cruising Love / マカロニ」で、オリコン3位を獲得します。ここでも見事目標達成を果たします。

Perfumeは「Baby cruising Love / マカロニ」発売直後の2008年1月26日にやってきて、遂に「オリコン1位をとりたい」と記しています。

2008年7月9日発売の「love the world」が後続シングルにあたりますが、ここでPerfumeは初のオリコン1位に輝きます。見事ヤマギワソフトの壁の落書きを1つずつ現実のものとしたのです。

目標を可視化し、そのことによってそれに対する努力のベクトルとパワーを定め、全力を注ぎ、そして結果を出す。誰もができるとは思いませんが、今この状況にあってこの一連の構想と実現のフローを見習いたいと思います。


ヤマギワソフトは今ではもうナディアパークにはありません。しかし、名古屋駅構内のソフマップに壁のグラフィティが移設されていますので、撮影しました。以前electrocatさんがブログにあげておられました^^)


pic_convert_20110326033340.jpg


pic2_convert_20110326033727.jpg


しかし、よく見るとPerfumeが1つ実現できなかったことが書かれています。アトリウムでのLIVEがめっちゃ楽しかったので、また絶対よろしくお願いします、とあります。しかし、この後、アトリウムでLIVEをやるにはあまりに人気が出過ぎてしまいました。
スポンサーサイト

テーマ : Perfume
ジャンル : 音楽

tag : Perfume

涙の訳

あ~ちゃんは涙もろいですよね。何度泣いているところを見たことか。
しかし、間違ってはいけないと思うのが、あ~ちゃんが泣くのは、感動している時、嬉しい時に感極まって、というパターンばかりだという点です。
悲しいとか、悔しい、辛いといって泣いているのは見たことがありません、1つの例外を除いては。
それは道夏大陸にも出てきた、BEE-HIVE時代の思うようにならない焦燥感とホームシックの気持ちが噴き出した時。
メジャー・デビューよりも前のこの出来事以来、少なくとも私が知っている限りでは仕事の場ではうれし泣きしかなかったのではないでしょうか。

どんなに逆境でもファンやお客さんには笑みを絶やさない。人間ですから心の中では耐えていることもあったでしょう。もちろんそういう商売と言えばそうなんですが、並大抵のことではないと思います。
その一方で、感激屋だなあと思うほどに、嬉しいことを素直に表現し、また感謝を心から感じる。このような在り方には本当に頭が下がります。

あ~ちゃんこそ、笑う門には福来たる、ということわざを体現していると言えるのではないでしょうか。

テーマ : Perfume
ジャンル : 音楽

tag : Perfume

伊坂幸太郎とPerfume

私は伊坂幸太郎Perfumeに共通するものを感じる。

気に入った作家がいると、最初の方の作品から順番に読むという習慣が以前私にはあった。最近はフィクションを読む時間がほとんどないので(Perfumeに時間を使っているのがいけないのだが)、気になったものから、たまにではあるが読むようにしている。しかし、伊坂幸太郎については、全部読もうと思っているので、かつての習慣を守っている。そのため、まだまだ最近の作品にまでは至っていない。そういう前提での話である。

伊坂幸太郎の小説は倫理観が底辺を貫いているという感想を読んだことがあり、なるほどと共感させられた。もちろん、彼の小説には2つの異なる空間・次元のストーリーが交互に展開し、最後に収斂するというミステリーとしての面白さも多分にある。しかし、登場人物の口を借りて、伊坂のもつ倫理観に基づいて、様々な物事に対する批評、そして厳しい批判が繰り広げられ、痛快だというのが伊坂の小説の大きな魅力でもある。

伊坂の倫理観は、教科書的なそれとは異なっている。時として正義のためには法律などのルールは無視されてもいいとすら言っているように思える。「重力ピエロ」にもあちこちにうんうんと頷かされる部分があり、「アヒルと鴨のコインロッカー」ではその正義感の優越性はより強固になっている。私は伊坂の小説はなんだか故ジョー・ストラマーみたいだなという感想すらもったのである。

注:ジョー・ストラマーとは、イギリスの3大パンク・ロック・バンド(オリジナル・パンクとも言われる)のThe Clashのヴォーカルであり、フロントマン

法律を守らなくてもいいというのは、例えばこういうことだ。親から食事を与えられていない子供がいたとする。この子供がコンビニで万引きする。この行為は法律に反するからやってはいけないと考えるであろうか。もちろん店の側には何ら落ち度はないので、迷惑な話ではある。では、虐待されている子供が自らの存在を賭け、親に正当防衛のレベルを超えた逆襲をしたとすればどうであろうか。親には支払う対価の元を作った原因が十分にある。ネタバレにならないよう名前は伏せるが、このテーマは人気作家の何人かも取り上げている。

翻ってPerfumeである。もちろん彼女たちは伊坂ほどのある意味過激な倫理観を持っている訳ではもちろんない。しかし、私がPerfumeのもつ視点を端的に示していると思ったことがある。ある時、何かのインタビューでどんな人が嫌いか、という質問を受け、「ゴミを公衆の場でポイ捨てする人」という返答をしている。アイドルだったら、普通は私に何をしてくれるか、あるいはしてくれないか、という観点で判断するのが通常であると思われる。しかし、Perfumeにおいては、社会に対してどうかという視点で見ているのである。

Perfumeの倫理観は清々しい。でありながら、弱々しいものではない。凛とし、毅然とし、強い。そうしたところが伊坂の諸作品を読んだ時の印象を思い起こさせる。

重力ピエロ (新潮文庫)重力ピエロ (新潮文庫)
(2006/06)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

テーマ : Perfume
ジャンル : 音楽

tag : Perfume 伊坂幸太郎

What a wonderful Perfume's world

If you want to know about Perfume's biography, please refer to the following link:

Perfume City > Biography

The cool Perfume's sound world is created by Yasutaka Nakata, who is the songwriter and the sound producer. Yasutaka Nakata forms his own music unit named "capsule." You can find various capsule's songs in YouTube. I would recommend the mash-up video instead of a genuine capsule's song. Here is "capsule + Daft Punk + Beastie Boys."




In addition, a mash-up of Perfume and Beastie Boys is also awesome. Enjoy "Macaroni + Rhyme the Rhyme Well."




I should attach a genuine Perfume's song, because this is a Perfume fan blog. You must watch the fabulous "Secret Secret."

テーマ : Perfume
ジャンル : 音楽

tag : Perfume

Are you ready for the cool techno-pop?

This is a Perfume fan blog from Japan. Perfume is the most successful and the coolest Japanese techno-pop unit. Perfume showed up at Mnet Asian Music Awards (MAMA) on November 28, 2010, and won Best Asia Pop Artist. (You can find it from the link below.)

MAMA 2010 Winners

If you get interested in Perfume, I strongly recommend that you watch the following music videos.

Chocolate Disco (Feb 2007)




Polyrhythm (Sep 2007)




Computer City (Jan 2006)




edge (Original in Jul 2008, remixed in Jul 2009, and performed in Oct 2009)




NIGHT FLIGHT (May 2009)




You can get a variety of information about Perfume in English from the link below.

Perfume City

Enjoy Perfume's unique and fascinating world! They must give you lots of happiness :-)

テーマ : Perfume
ジャンル : 音楽

tag : Perfume

プロフィール

ngo900jp

Author:ngo900jp
Perfumeをこよなく愛する40代。家族にPerfumeを受け容れてもらえるかどうかが重大問題。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
ユーザータグ

Perfume あ~ちゃん KARA テクノ・ポップ ジェニーはご機嫌ななめ ポリリズム K-POP 東京ドーム ナチュラルに恋して BEAUTY ドラッカー NATURAL BASIC コンピューターシティ コンプリート・ベスト ファン・サーヴィス ジューシィ・フルーツ the love 不自然なガール GAME 道夏大陸 world キャンディーズ プリマ・ボックス [bitter] かしゆか 坂本冬美 [sweet] 東京事変 Love cruising GAME Baby のっち POLYSICS 椎名林檎 HEAVEN スーちゃん JPN SEVENTH リニアモーターガール ねぇ 田中好子 コリーヌ・ベイリー・レイ 宮里藍 PUFFY パーフェクトスター・パーフェクトスタイル 中田ヤスタカ チョコレイト・ディスコ マカロニ エレクトロ・ワールド NIGHT BcL コンピューター・ドライビング FLIGHT edge 児玉裕一 ワンルーム・ディスコ ランちゃん 伊坂幸太郎 Eyed Wonder Girls Brown レーザービーム 微かなカオリ AFTER SCHOOL Cars RAINBOW DANCE Weezer DAISHI IT FAKE Fighter 武道館 紅白 Dream Politti capsule Gorillaz Scritti 鈴木さえ子 VOICE OMAJINAI☆ペロリ RCサクセション 少女時代 スガシカオ 天国のキッス VOICE 575 トゥワー 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク 震災義援金 その他
東日本大震災関係を中心に
最新記事
Perfumeの魅力の記事
→次
最新コメント
ブロとも一覧

CRASh

Perfume to 私 と BABYMETAL

最高を求めて、終わりの無い旅をするのは。

パーフェクトスターにはならないで!

パフューム総合研究所♪(ぱそうけん)

「寝物語」 -Perfume Fan's Blog-

テクノの庭

僕と会社とPerfumeと ときどき いや 結構モノノフ日記

ふと思い出す景色のように
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。