スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年3月

忘れることのできない大きな衝撃を受けた2011年3月が過ぎました。

震災が起こった当初、こんなブログでも読んでいただいている方がいらっしゃるので、微力でも被災地のためになることを何か発信したいと考えました。するとPerfumeよりも震災関係のキーワードで検索して訪問される方がぐっと増えました。ブロとものみなさんには、こんな時こそ普段通りのエントリーをあげることが大事だというご意見も出ていました。私の場合は、震災関連の内容を読みに来られる方が多いため、その記事を一番トップに置き、他の記事に埋もれないようにしようということをまず最初に考えました。

しかし、震災関係および原発関係の情報のインプット、そしてその関連記事を書いているうちに、それ以外の事象が急速にリアリティーを失い記事に書けなくなってしまいました。原発問題では言いたいこともいろいろありますが、私が発言することでもないので自重しており、今ではもう3月のようなことはなくなってはいます。

仕事面でもちょうど3月は大きな山場があり、この繁忙は今後ともつづいていきます。それに加え、私の属する業界では、これまで身につけた知識を大幅に更新しなくてはやっていけないような大転換期を迎えています。つまり、自己啓発の時間が多量に必要となっています。

このようなことから、このブログについて今後どうしていこうか、と思案しているところです。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

コメント

非公開コメント

お忙しいとは思いますが

今の時期、大変お忙しいでしょうね。色々と制度も変わりますので、そういうことをインプットしていかなければならないんですよね。
ブログですが、なかなか書く時間は無いかもしれませんが、いつでも書く時間が出来た時に残しておいてもよいのではないでしょうか?
私がこんなことを言うのもアレですが・・・。

戻る場所がある、というのは大袈裟かもしれませんが、そういうところが一つあっても・・・と思います。

休憩しようと思うと

急に書きたくなりますよ~(笑)
結論を出す必要はないように思いますが・・・

>runrun1006さん

コメントありがとうございます。

>いつでも書く時間が出来た時に残しておいてもよいのではないでしょうか?

確かに何かを書いて読んでいただけるということは楽しいことではあります。

ちょっと気負い過ぎかもしれませんが、読んでいただいていると思うと、あんまり放置してはいけない、などと使命感と言っては大袈裟ですが、そんなものが生じて来る面もあります。その意味で、すっぱりと未練や誘惑を断つべきか、などとも考えてしまいます。

>戻る場所がある、というのは大袈裟かもしれませんが、そういうところが一つあっても・・・と思います。

このようにコメントをしていただける場所があるというだけでも、この場所の価値があると思います。ありがとうございます。

>electrocatさん

コメントありがとうございます。

>急に書きたくなりますよ~(笑)

きっとそうだと思います(笑)。しゃべりがマシンガンと言われた私はきっと潜在的に自己主張が強いのかもしれません。あくまで潜在的にですよ(笑)。だとすると、きっと一度覚えたこの発言の場所は、何か書きたくなってしまうように思います。

おしゃるように思い出したように書くという手もあります。ネットは多少なりとも依存性があるので、意識して距離を置くことがあります。猫さんもコメント欄を廃止された際にはよくお考えになったことと思います。今回はそのような部分も正直言ってあります。

もうしばらく付き合い方の距離感をとってみたいと思います。でも4,5月はほとんど放置かなあ...

レーザービーム繋がり?

私もパフュパフュする余裕は無くなっていますが、 めぐり巡って

「パフュを守る = ファンを守る = 国民を守る」 ってコトで。

****安全と安心に関する記事のコピペ貼ります****
(海と疎遠な内陸の彩香より;)


眼光紙背:第176回

 たとえば、近所の人に呆れられながら作った自作の避難所が役に立った話(*1)や、町長が作った避難階段(*2)、校長先生が作った津波の劇(*3)など、素晴らしい成功体験は広く扱われることが多い。

 しかしその一方で、明確な失敗があったという記事はほとんど見かけない。やはり時期的に、政府や東京電力以外への非難を含む記事は書きにくいのだろうか。それでも今回のような悲劇を減らすためには、今の時期に十分な失敗事例が提示されることが重要である。そうした記事を少しだけ見つけたので、紹介したいと思う。


 まず1つめは、市の指定避難場所ではない防災センターを、普段の防災訓練の集合場所にしていたために、防災センターに避難した住民が、津波に巻き込まれてしまった例である。(*4)

 津波を想定した訓練なのに、津波を想定していない集合場所を設定するという、極めて安易な失敗は、言い訳のできるものではあるまい。

 もともとは「お年寄りに苦労をかけては」という優しさからの集合場所変更だったのだろうが、それは訓練の趣旨から大きくかけ離れるものであった。

 いくら足の悪い高齢者がいたとしても、実際の津波が起きれば彼らも高台に上がってもらわなければならないのだから、その大変さも含めて訓練である。

 センターを集合場所にした避難訓練を許可した市の対応を含め、この失敗の事例は記憶されるべきものであろう。


 もう1つが、地震直後に小学校が保護者に子供を引き渡した結果、消息不明になってしまった子供が多かった例である。(*5)

 記事には「09年の学校保健安全法施行で、主に小学校では災害などの際、保護者に児童を引き渡すルールが定着」とあるが、当時の社会背景をかんがみれば「子供の安全安心」が実体とかけ離れた形でヒステリックに叫ばれる中、当時の「学校保健法」を改正し、産まれたのが学校保健安全法である。

 子供を保護者に引き渡すルールというのも、「両親と一緒にいれば安全」という幻想のもとに、形作られたルールだろう。

 しかし、そのルールが地震発生から津波が発生するまでの時間を子供たちから、そして子供を迎えにいった保護者からも奪ってしまった。別の記事によれば、石巻市で地震が発生してから津波到達まで35分(*6)。この時間を学校全体での避難と、保護者の避難に使えなかったことが残念でならない。


 私は、この2つの事例には、ある一貫性があると感じる。

 それはどちらも現実の安全性から離反した「人間の情」による失敗であるという点である。

 防災センターの件は、町内会の「足の悪いお年寄りに無理をさせたくない」という情から産まれた失敗である。そして引き渡しルールの件は「親を安心させたい」という情によって産まれた失敗である。

 そうした情を納得させることは、確かに「安心」には繋がるのかも知れない。年寄りがあまり苦労せず防災センターにたどり着く防災訓練を行なって「安心」する。親が子供を迎えに来るから、親も子供も「安心」する。

 しかし私たちが安心する事は、決して「安全」を意味しない。

 最近は「安全安心」として、言葉がひと括りにされることが多いが、本当はこの2つは別の言葉である。安全は客観的に証明されるのに対し、安心は主観的な認識である。

 2000年に入って始まった「子供の安全安心」の大合唱は、安全と安心の差異を失わせてしまった。私たちはその差異を認識し直さなければならないだろう。

 安全と安心、どちらかを優先するとすれば、それは「安全だが安心できない」状況の方が、まだマシだと言えよう。安全安心を考えるには、やはり「安全第一」であり、その上で安心できればもっとよいと、順序立てて考える必要があるのではないか?

 その順序を間違えると、今回のような失敗例が発生する。まずはとにかく安全を確保することを前提に、これからの災害時対策を練り直していくべきである。
プロフィール

ngo900jp

Author:ngo900jp
Perfumeをこよなく愛する40代。家族にPerfumeを受け容れてもらえるかどうかが重大問題。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
ユーザータグ

Perfume あ~ちゃん KARA テクノ・ポップ ジェニーはご機嫌ななめ ポリリズム K-POP 東京ドーム ナチュラルに恋して BEAUTY ドラッカー NATURAL BASIC コンピューターシティ コンプリート・ベスト ファン・サーヴィス ジューシィ・フルーツ the love 不自然なガール GAME 道夏大陸 world キャンディーズ プリマ・ボックス [bitter] かしゆか 坂本冬美 [sweet] 東京事変 Love cruising GAME Baby のっち POLYSICS 椎名林檎 HEAVEN スーちゃん JPN SEVENTH リニアモーターガール ねぇ 田中好子 コリーヌ・ベイリー・レイ 宮里藍 PUFFY パーフェクトスター・パーフェクトスタイル 中田ヤスタカ チョコレイト・ディスコ マカロニ エレクトロ・ワールド NIGHT BcL コンピューター・ドライビング FLIGHT edge 児玉裕一 ワンルーム・ディスコ ランちゃん 伊坂幸太郎 Eyed Wonder Girls Brown レーザービーム 微かなカオリ AFTER SCHOOL Cars RAINBOW DANCE Weezer DAISHI IT FAKE Fighter 武道館 紅白 Dream Politti capsule Gorillaz Scritti 鈴木さえ子 VOICE OMAJINAI☆ペロリ RCサクセション 少女時代 スガシカオ 天国のキッス VOICE 575 トゥワー 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク 震災義援金 その他
東日本大震災関係を中心に
最新記事
最新の記事
最新コメント
ブロとも一覧

CRASh

Perfume to 私 と BABYMETAL

最高を求めて、終わりの無い旅をするのは。

パーフェクトスターにはならないで!

パフューム総合研究所♪(ぱそうけん)

「寝物語」 -Perfume Fan's Blog-

テクノの庭

僕と会社とPerfumeと ときどき いや 結構モノノフ日記

ふと思い出す景色のように
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。