スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テクノ・ポップはキッチュなもの

以前POLYSICSについて書いたことがあり、その際に少し触れたのですが、私にとってのテクノ・ポップとはキッチュなもの、チープなものというイメージがあります。ただし、これは最初にテクノ・ポップが出てきた80年前後のお話ではあります。やたらと声を裏返らせたり、あるいは低くして歌ってみる。リズムボックスにペニャペニャなギター、そしてシンセというスカスカなサウンド。しかもメンバーは音楽は片手間で本業は別だったり。YMOだけはバリバリの一流ミュージシャン集団でしたが、人民服を身にまとい、スネークマンショーなどとコントをやったりして、ギミック感を演出していました。

その意味では日本においてはPOLYSICSがDEVOの正統的継承者でもあり、上述のキッチュさ、チープさを体現しています。

では、Perfumeはといいますと、まったくもってカッコいい訳でして、私のテクノ・ポップのイメージには当てはまらないようにも思えます。しかし、アイドルなのにテクノ・ポップ、芸人顔負けのオモシロMCをかます一方で曲はカッコよかったり、かわいかったりする、私やパフュ友Kくん、そして先日の記事の近田春夫氏が指摘する、キャラと音楽、その他散見されるミスマッチが不思議な魅力を醸し出しているという点ではキッチュさと共通するものがあるように思います。

今日はムーンライダーズの白井良明氏の作曲・編曲によるちょっとやりすぎで、企画物としかいいようのない、知っている人があまりいないものと思われる、でもテクノ歌謡の傑作(と私だけは思っている)、堀ちえみの「Wa・ショイ!」というのを貼ってみます。需要なさそうですね。サーセン。

スポンサーサイト

テーマ : 邦楽
ジャンル : 音楽

tag : テクノ・ポップ POLYSICS Perfume

コメント

非公開コメント

こりゃまた

キッチュですねー(笑)>堀ちえみの「Wa・ショイ!」
需要ありすぎですよぉ。
懐かしくて、観ているうちに画面が霞んできました(T_T)

ちえみちゃんかわいいですね~
歌うまいし。動きがcuteだし。
”Wake up”のところで毎回笑っちゃうのはなぜ?^^

白井良明とアイドルの絡みだと、僕はキョンキョンの『優しい雨』(編曲が白井良明)を思い出します。
大好きでした^^

テクノ・ポップにキッチュさは確かにあると思います。
当時シンセやリズムボックスや打ち込みを取り入れて表現したかったカオスで近未来な世界観。
それは、キッチュだけどニッチなカッコ良さだったとも思っています^^

知りません・・・

堀ちえみと言えば、
「教官!」、「ドジでマヌケでのろまなカメ」と相場が決まってます。多分。。。
しかし守備範囲が広いですねー

自分の中ではPerfumeはRockですね。

テクノ・ポップはキッチュ

確かにそうかもしれませんね。
テクノポップには「人の機械への憧憬」みたいなものがあって、
それ自体に「おかしみ」があるのかも知れません。
(直立不動で歌ったり、ロボット的な動きをしたり)

大まじめにやっているクラフトワークでさえ、
ボクはどこか笑ってしまいます。

80年前後くらいは特にテクノロジーに対しての、
憧れが抱きやすかった時代でした。
今はこれだけテクノロジーに囲まれると、逆にそれがリアルであって、
未来的なイメージが創りにくいのかも知れません。

そんな時代にPerfumeが打ち出した「近未来テクノポップユニット」
というコンセプトは非常に挑戦的だったと思います。
そこが最初のころ「どこか懐かしい」といわれた要因ではないかと。

堀ちえみの「Wa・ショイ!」初めて見ました。
白井良明 作・編曲よりも鈴木博文 作詞に驚きました。
バックダンサーの衣装がまさに80年代ですね(^^)

Re: こりゃまた

話をものすごくPerfumeから遠ざけたように思っていたのですが、それでも付いて来ていただけるとは、すごいことだと思いますwww

白井良明氏は歌謡曲分野でもいろいろと活躍されており私も好きでした。キョンキョンもいろいろといい曲、おもしろい曲がありますよね。

Re: 知りません・・・

それが普通だと思います。多分この曲はちょっとセールスが下降し始めてからだと思います。何と言っても当時はおニャン子がブレイクしたばかりの頃ですので。

>自分の中ではPerfumeはRockですね。

みんなが思い思いの見方、楽しみ方ができるのがPerfumeの魅力ですよね。ちょっと観点が違いますが、誰かが「曲はテクノ、姿勢はロック、売れ方は演歌」みたいなうまいことを言っていたのを思い出しました。

Re: テクノ・ポップはキッチュ

実はこの記事ですが、以前にテクノ・ポップのことをそのうち書くと記したまま、Perfumeの話がつきないので、そのうち書こうと、そのままになっていたのが、ロボトリアさんのブログを拝見し、急に上述の件を思い出した事によりあわてて書いたものです。

白井良明、鈴木博文両氏のこともやはりムーンライダーズについて書いていらっしゃったので思い出したものです。

クラフトワークは髪型、演奏する時の格好、機械への憧憬のいずれも、やはり一種のキッチュさを感じずにはいられません。入れようと思っていたのですが書き忘れましたorz

おっしゃるリアルとバーチャル、もしくは人間と未来の位置付けの転換が懐かしさに通じているというのは同感です。そもそもレトロ・フューチャーというのはそのようなものだと思いますし、初期から中期にかけてのcapsuleはピチカートVの影響のせいもありますが、その志向が大変強いですね。
プロフィール

ngo900jp

Author:ngo900jp
Perfumeをこよなく愛する40代。家族にPerfumeを受け容れてもらえるかどうかが重大問題。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
ユーザータグ

Perfume あ~ちゃん KARA テクノ・ポップ ジェニーはご機嫌ななめ ポリリズム K-POP 東京ドーム ナチュラルに恋して BEAUTY ドラッカー NATURAL BASIC コンピューターシティ コンプリート・ベスト ファン・サーヴィス ジューシィ・フルーツ the love 不自然なガール GAME 道夏大陸 world キャンディーズ プリマ・ボックス [bitter] かしゆか 坂本冬美 [sweet] 東京事変 Love cruising GAME Baby のっち POLYSICS 椎名林檎 HEAVEN スーちゃん JPN SEVENTH リニアモーターガール ねぇ 田中好子 コリーヌ・ベイリー・レイ 宮里藍 PUFFY パーフェクトスター・パーフェクトスタイル 中田ヤスタカ チョコレイト・ディスコ マカロニ エレクトロ・ワールド NIGHT BcL コンピューター・ドライビング FLIGHT edge 児玉裕一 ワンルーム・ディスコ ランちゃん 伊坂幸太郎 Eyed Wonder Girls Brown レーザービーム 微かなカオリ AFTER SCHOOL Cars RAINBOW DANCE Weezer DAISHI IT FAKE Fighter 武道館 紅白 Dream Politti capsule Gorillaz Scritti 鈴木さえ子 VOICE OMAJINAI☆ペロリ RCサクセション 少女時代 スガシカオ 天国のキッス VOICE 575 トゥワー 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク 震災義援金 その他
東日本大震災関係を中心に
最新記事
最新の記事
最新コメント
ブロとも一覧

CRASh

Perfume to 私 と BABYMETAL

最高を求めて、終わりの無い旅をするのは。

パーフェクトスターにはならないで!

パフューム総合研究所♪(ぱそうけん)

「寝物語」 -Perfume Fan's Blog-

テクノの庭

僕と会社とPerfumeと ときどき いや 結構モノノフ日記

ふと思い出す景色のように
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。