スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日はPerfume東京ドーム公演

いよいよ明日は待ちに待ったPerfume東京ドーム公演が開催されます。日本中の、そして世界にも広がったPerfumeファンの気持ちが集結する日になります。

・・・とびきりの演出で
・・・埋め尽くす数えきれないほどの観客を
きょ・・狂熱の渦にたたきこむ
・・・有無を言わさぬド迫力
どー・・ドーナッツたべたべ
・・・夢中になって応援するファンの感動は計り知れず

否が応でも期待が膨らみます。楽しみですね!

テーマ : Perfume
ジャンル : 音楽

tag : Perfume 東京ドーム

2008年夏のイベント

Perfume回想が2008年の大晦日までようやくたどりついたのですが、2008年のネタでこぼれ落ちているものがいくつかあることを思い出しました。中身の濃い1年だったので、もう少し記すことにします。

2008年夏はPerfumeがイベントや野外フェスに出演している映像をいろいろと見ることができました。そのころPerfumeはオリコン1位を獲得したアルバム『GAME』を引っ提げて臨んだ初の全国ツアーであるGAMEツアーを終え、すでに人気グループになっていました。しかし、GAMEツアーの映像がDVDで発売になったのは2008年秋のことです。したがって、売れてからのPerfumeのライブ映像はイベントや野外フェスのもので断片的に見るしかなかったのです。その中で印象に残っているものの1つが、6月に開催されたHOT STUFFの30周年記念イベントの「BLACK AND BLUE」です。なぜこのイベントはストーンズのアルバムタイトルと同じ名前なのか謎です。この中で「コンピューターシティ」を演っているのですが、この時の観客のうねるようなノリに私はバードスキンでした。Perfumeの盛り上がりを視覚的にはっきりと確認できた最初の映像だったように思います。

次に8月の「ROCK IN JAPAN FES 2008」にも感動しました。2007年のブレイク前にPerfumeは「SUMMER SONIC」に登場しており、それなりに盛り上がったという記事を読んだことがあります。しかし、2008年はPerfume目当ての観客が大勢押しかけ、入場規制もかかったそうで、あれだけの多くの人がPerfumeに合わせて揺れているのは壮観の一言です。そして、このライブのセットリストには「シークレットシークレット」が含まれており、初めてライブ映像として披露されました。Perfumeにしては珍しい、大変シンプルな青い衣装で登場しています。

テーマ : Perfume
ジャンル : 音楽

tag : Perfume

Perfume武道館公演

Perfumeは2008年11月6, 7日に念願の日本武道館公演を行っています。日本武道館と言えば古くはザ・ビートルズ、ディープ・パープル、チープ・トリックといったビッグ・ネームが踏んだ舞台として思い起こされます。ただし、チープ・トリックについては、当時は日本で人気があるのみで、本国のアメリカではそれほどではなかったものが、ライブ・アルバムの「Live at Budokan」のリリースにより本国へ逆輸入的に火がついたのでした。





Perfume武道館でのライブ開催は、2008年春のGAMEツアーの際に告知がなされました。このニュースはそれ自体がPerfumeのブレイクの圧倒的な加速を象徴するものとして、偉大な快挙を目の当たりにする一種の恍惚感を伴って聞くことになりました。しかしながら当時の私は海外に住んでおり、参加しようにもできないもどかしさをも一方で感じていました。

ライブの直後、私はブログを激しく漁りまくりました。そこで得た情報として印象深かったのが、オープニングがトリッキーですごい、「edge」がカッコよい、「plastic smile」がキュート、中田氏が会場に姿を現す、などなど。想像ばかりが膨らみ、見たくて見たくて仕方がなかったのですが、NHKで放送されることも決まっていたので、何とかまっとうに暮らすことができました。

そんなブログ漁りの中でももっとも感動的だったのが、渋谷陽一ロッキング・オン社長のブログでした。

渋谷陽一の社長はつらいよ


Perfume武道館公演を行った2008年、私の印象に残っているもう1つの武道館公演がありました。1978年から数えること30年、チープ・トリックが記念すべき凱旋を果たしたというニュースに私は身震いしました。もはやアメリカですら売れているとは言いがたい状況の下で行われた快挙だったからです。


2038年。ファンクラブ先行予約でチケットはバッチリ確保した。東京に出るのはいつ以来のことだろう。本当に東京は街並みが激しく変わるので、迷わされて困る。しかし、そんなことも今日は気にならない。なぜなら「edge」のあの恍惚のビートに合わせ、近未来型老人の70代のワシが、50歳前後にもかかわらずカッコよく歌い踊る、あの最高な3人組に武道館で再会できるからだ。

テーマ : Perfume
ジャンル : 音楽

tag : Perfume 武道館

武道館2days公演決定

東京ドーム公演が発表された今となっては通過点の話になってしまいましたが、2008年春のGAMEツアー開催中、同年11月のPerfumeの武道館2days公演が発表されました。GAMEツアーはライブハウスでの全国ツアーだったので、たった半年でその中間の規模の会場を飛ばして一足跳びに武道館まで行き着くこととなった訳です。結成、デビューから武道館へ至る長い道のりと、一旦ブレイクしてから武道館まで駆け登るスピードのどちらについても強い感慨を抱かざるを得ませんでした。私がPerfumeを知ったポリリズムでのブレイク当時、どのくらいの盛り上がりが日本で起きていたのか私は知りません。Perfumeに関して音楽についてしか知らなかったPerfumeを知ったばかりの頃の私には、あくまで一部の人だけにしか受けないものだと感じられたのは以前の記事に書いたとおりです。それがあれよあれよと言う間にここまで来た。しかし、驚きはそれほど感じませんでした。何と言っても当時既にPerfumeには勢いが感じられたからです。

この武道館での2日間公演が開催されるというニュースに対して多くのファンが一緒に喜び、期待に胸を膨らませていることがネットを通じてですが、伝わってきました。中でも、毎週のように週末になるとPerfumeの曲の振り付けコピーを撮影した動画をアップする怪紳士、通称おっち氏、またの名をオジフューム氏の動画には感動しました。のっちのパートを踊るオッサンなのでいつしか「おっち」と、そしておじさんのPerfume踊り手なので「オジフューム」と呼ばれるようになったようですが、Perfume振り付けコピーをBaby cruing Loveの頃からアップし始め、私としてはこのおっち氏により(便宜上「おっち」と呼ばせていただきます)初めて見た振り付けコピーというのも多数ありました。たとえば、ポリループつきのポリリズム、おいしいレシピ、モノクロームエフェクト、スウィートドーナッツ、引力、リニアモーターガール、セラミックガール、シークレットシークレットなど。そのおっち氏は武道館開催を祝って、当時リリースされていた全曲(完全に全部かどうかは未検証)をコピーするというすごいことをやってのけていたのです。圧倒されました。それとともにその熱い思いに感動しました。

なんだか話が武道館ではなく、おっち氏に行ってしまいましたが、まあ良いでしょう(お前が決めるなと突っ込まれそうですが)。おっち氏はPerfumeのブレイクした2008年の春頃から武道館開催の頃まで頻繁に動画をアップなさっていて、私もとても楽しませていただきました。このおっち氏はその後武道館公演のライブDVD音源に合わせて一発録りで全曲をコピーもしていたような記憶があります。途中からはさすがにお疲れの様子でした。なぜかこの感動の武道館開催記念の大作がニコ動から消えているようです。まったくもったいないです。おっち氏には素人なのに結構上手いと思わせられたのですが、その後もっと上手な踊り手がネット上には現れました(おっち様ごめんなさい)。しかし、おっち氏の熱い魂の踊りには引き付けられるものがありました。

もう一つ武道館公演と切り離せないこととしてシングル「Dream Fighter」のリリースがあります。これについては、また回を改めます。

おっち氏の魂の踊りの数々は以下です。

【ニコニコ動画】

テーマ : Perfume
ジャンル : 音楽

tag : Perfume

渋谷エコライブ

私の記事は、2007年9月にリリースされたポリリズムをきっかけにPerfumeのファンになった私の思い出話を順番に記すというのが基本的な流れのつもりです。しかし、直近ネタも交えているので、過去と現在が行ったり来たりになってしまっています。現在、2008年の秋ぐらいまで話が進んで来たのですが、ちょこちょこ書き漏らしたものもあります。そこで2008年6月まで話を戻します。

私がPerfumeのファンになって初めての単独ライブは2008年4月下旬から6月上旬にかけて行われたGAMEツアーでした。私は遠い海外に住んでいたため、参加することはできませんでした。PerfumeはライブDVDの『Fan Service bitter』をリリースしていたので、過去のライブに触れることは可能でした。しかし、アルバム『GAME』により、次の次元に到達してしまったアップ・トゥ・デイトなPerfumeのライブに触れることはテレビでのスタジオライブぐらいでした。Perfumeのファンになって初めてちゃんとアップ・トゥ・デイトなPerfumeのライブを見ることができたのはNHKの環境番組企画の渋谷エコライブでした。GAMEツアー終了直後の6月上旬に行われ、4曲と非常に短いものでしたが、「今」のPerfumeのライブに飢えていた私には非常に満足度が高いものでした。私は海外からYouTubeで鑑賞することができました。

まず野外の開放感。しかし、野外フェスに比べ圧倒的にこじんまりとしたよい雰囲気です。そして当時の私にとっては、まだ2度目に目にしたポリループ入りのポリリズムの新鮮さ。環境キャンペーンCMのキャラクターとの競演(Perfumeのライブ中にはあまりステージにダンサーその他はあがりません)。MCでしっかりと満点大笑いをとるあ~ちゃん。4曲しかやらないのにきっちりと「ジェニーはご機嫌ななめ」を入れてくるセットリストの粋なこと。それに応えて盛り上がるファンたち。

4曲にして「これが最後の曲です」と告げられ、「えー」と不満を漏らす客に対して、上手にその不満の声を一転して「チョコレイト・ディスコ」の盛り上がりに転換させるあ~ちゃんの絶妙な話術。かつては、いかにして盛り上げるかということに意を注いでいたあ~ちゃんが、今では出演が足りないと不満を言ってうるさいのをなだめつつ盛り上げるという、正反対のこともこなしてしまう。本当にあ~ちゃんはすごいと思うと同時に、Perfumeの置かれた立場の著しい好転に大変うれしい気持ちになったのでした。

テーマ : Perfume
ジャンル : 音楽

tag : Perfume ジェニーはご機嫌ななめ

プロフィール

ngo900jp

Author:ngo900jp
Perfumeをこよなく愛する40代。家族にPerfumeを受け容れてもらえるかどうかが重大問題。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
ユーザータグ

Perfume あ~ちゃん KARA テクノ・ポップ ジェニーはご機嫌ななめ ポリリズム K-POP 東京ドーム ナチュラルに恋して BEAUTY ドラッカー NATURAL BASIC コンピューターシティ コンプリート・ベスト ファン・サーヴィス ジューシィ・フルーツ the love 不自然なガール GAME 道夏大陸 world キャンディーズ プリマ・ボックス [bitter] かしゆか 坂本冬美 [sweet] 東京事変 Love cruising GAME Baby のっち POLYSICS 椎名林檎 HEAVEN スーちゃん JPN SEVENTH リニアモーターガール ねぇ 田中好子 コリーヌ・ベイリー・レイ 宮里藍 PUFFY パーフェクトスター・パーフェクトスタイル 中田ヤスタカ チョコレイト・ディスコ マカロニ エレクトロ・ワールド NIGHT BcL コンピューター・ドライビング FLIGHT edge 児玉裕一 ワンルーム・ディスコ ランちゃん 伊坂幸太郎 Eyed Wonder Girls Brown レーザービーム 微かなカオリ AFTER SCHOOL Cars RAINBOW DANCE Weezer DAISHI IT FAKE Fighter 武道館 紅白 Dream Politti capsule Gorillaz Scritti 鈴木さえ子 VOICE OMAJINAI☆ペロリ RCサクセション 少女時代 スガシカオ 天国のキッス VOICE 575 トゥワー 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク 震災義援金 その他
東日本大震災関係を中心に
最新記事
Perfumeのライブの記事
←前 →次
最新コメント
ブロとも一覧

CRASh

Perfume to 私 と BABYMETAL

最高を求めて、終わりの無い旅をするのは。

パーフェクトスターにはならないで!

パフューム総合研究所♪(ぱそうけん)

「寝物語」 -Perfume Fan's Blog-

テクノの庭

僕と会社とPerfumeと ときどき いや 結構モノノフ日記

ふと思い出す景色のように
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。